スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイナルカウントダウン 
20081015143716

というわけで。二回め行ったらちゃんとオマケ貰えたよの巻。
・・・でもあの、チャイルドシート、当分いらな・・・(黙れ)。
「劇場版さらば仮面ライダー電王 ファイナルカウントダウン」
大分、気持ち悪い感想です・・・(微笑)。
電王3回・4回めは、よかったです。3回めにしてようやく、素直に見ることができた(※連続して見れる劇場なので、二回に分けて二回ずつ観ました)(結果劇場の人に顔を覚えられました忘れてくれ!!)。
前回はどうも、座席が前の方で、画面をきちんと見れてなかったので混乱したようです。ちょっと下がってゆったり見た方が良かった。ずーっとアクションだらけでなかなか目が追いかけきれなかったのですが、それだけにお腹いっぱいです。
ちゃんと幸太郎の成長っぷりがよかったし(最後の変身、彼が走ってくるところが格好いい)、全フォーム集合のラストバトル、みんな格好いいし。今回全部その役の人がそのフォーム担当なんですねひゃっほー!ゼロノスが牛若丸モチーフらしく、軽やかに空中を飛んでるのがよかった。ガンフォームが最初つっこんでってひっくり返したイマジンをコハナちゃんが踏みつけるところでさり気なくガンフォーム映ってて鈴村さんが声上げてたりとか、ウィングフォーム格好いいなぁ不覚!(笑)とか。
イマジン長屋でコハナちゃんに拒否られて布団取られたウラがデネブの布団さり気なく取ってたりとか、ジークマジでずっと寝てるじゃないか!(起きてたのはご飯食べるときだけ)とか。
そう言えばライナーフォームは最初デンカメンソードで戦ってたけど、幽汽と戦うときは普通にソードフォームのになってたけどあれは何でだろ。あと幽汽、馬似合ってた(ソードフォームとライナーフォームが馬に乗ってるってやっぱり変な光景!)。
死郎とソラの衣装も好きです。基本レースついた和装って安っぽくて嫌いなんだけど、和服の形にプリーツとか刺繍で、可愛かった。死郎の骨モチーフの衣装も羽根ついてたりして格好良かった。
何だからしくなく悲しい終わり方をしたけど、もう仕方ないかなーって。400年分のすれ違い!
贔屓目の話だと、リュウタが今回ばんばか戦ってて嬉しかった。ガンフォームで戦う時、くるんって回って画面に入ってくるの、さり気ないけどすごかったな。あとよく考えたらゼロノスと背中合わせで必殺技って、リュウタにしたらすごい変化じゃないのか!?
それから、良太郎が幽霊列車にいる時、急にソラに話しかけられてびくっとするシーンで、直前までソラがいないことにも今回初めて気がついた。というか、これで本当に出演シーン少ないのか?って感じに、ずっと良太郎がいるような気がしてた。やっぱり、白倉さんや小林さんが言うように、電王は良太郎の物語だなぁって。
あと言われなきゃ気づかないんだけど、イマジンが普通に画面に映ってて江戸時代で生活して、襲ってくる人間(死霊)返り討ちにするっていうことの可笑しさ。うん、確かに普通逆なんだよね?この一年と数ヶ月で完全にこれが普通だと思い込んでる!なんてこと!
白倉さんだったかな、電王は電車に乗って、電車を降りる話だって言ってて、今回その意味で主役は間違いなく幸太郎だった。あんな風に爽やかに電車を降りることが出来て、彼はよかったと思う。私たちも、多分。
最後の良太郎と幸太郎の会話も、改めて良かったです。自分たちの時間が、未来に繋がって行くんだって言う。会えて良かった。そう言う良太郎に、改めてこの人が電王だったんだ、強い人、優しい人なんだって思った。
楽しかったです。ありがとうございました。さらばと言いながらも、こっそり「いつか、未来で」と願ってしまいつつ・・・。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://specials.blog33.fc2.com/tb.php/285-0ffcf43a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。