スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めでたし、めでたし。 
「映画の極意Vol.8 フランス映画の秘宝」
というようなものに行ってきました。フランス映画ひゃっほー!みたいな。
全5本やってましたが、諸々の事情で見れたのは「あなたの目になりたい」「天使の入り江」の2本です。以下感想。
「あなたの目になりたい」
そうそうそう、フランス映画の何が見たいって、エスプリの利いた会話!あとついでにラブロマンス!というのを、1時間半で見れる映画でした。
気の利いた台詞の応酬って、全編に渡って使われること最近あんまりない気がします。さみしい・・・。コメディとかそういうんでもない。
大体のことにおいて、ユーモアって大事よね。
あと、闇夜の中懐中電灯で照らされる足下だけ写す演出が良かったです。映画ー。

「天使の入り江」
人生賭けたり賭けられたりスッたりボロ儲けたりまたスッて無一文になったり。
ずっとそんな調子なので、途中一瞬近視感(笑)。
魅力的な美女が華麗な人生を心底楽しんでいるようにしか見えませんでした。巻き込まれた方はたまったもんじゃなかろうが。何しろドン底で後悔することすら楽しそうなんだもの。
恋など二の次のご様子だったので、果たしてあのラストでどうなるのか。まぁ人生なんて保険の利かない賭け事だからなんだってありよねとありきたりなことを言ってみる。
なじみのないカジノの風景が面白かったです。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://specials.blog33.fc2.com/tb.php/325-39297487

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。